Circle《ゆ〜ぽぴあ》へ戻る》

トップページに戻る








2019年度遊歩計画
最近の遊歩案内









    Circle≪ゆ〜ぽぴあ≫・遊歩案内
   第273回遊歩
  〜結成15周年祝賀会遊歩 \(^O^)/
≪熱海の温泉に入りご馳走を食べ15周年の来し方を振り返りみんなで話そう・・・!≫

  遊歩日:     2019年5月16日(木)〜17日(金) 1泊2日
  遊歩先:    熱海市街・十国峠・初島
  宿泊先:   ホテル大野屋  0557−82−1121
  遊び賃    10,500円
         1泊2食宿泊代+=10,000円 雑費 500円
   ※     夕食バイきんぐ&各種飲み物アルコール類90分飲み放題
   ※      なお、交通費は、各自でお支払いください。
          運賃:東京から熱海=1,940円 障割=970円
             熱海から東京=1,940円 障割=970円
             熱海から十国峠=640円  障割=320円 
             十国峠から熱海=640円 障割=320円
             熱海港から初島往復乗船券=2,600円 障割=1,300円(付き添いも可)
  ※           障割使用の場合 小計=3,880円
 集合場所:   東京駅10番線ホーム真ん中付近
  ※       なお、Blinderで、集合場所へ単独で行けない方は、申込時にお申し出ください。
         また、単独で熱海駅まで行かれる方も申込時にお話しください。
 集合時間:    9時45分
  装 備:   Walking Style
  持ち物:   飲み物・雨具・健康保険証・身体障害者手帳・その他
 歩行時間:   二日間併せても2時間位
 遊歩状況:   雨天決行
  申込先:   金川 勝夫 宅電 0422-42-4181
               携電 080-1187-5823
               Email: katsuo@taikidou.com 
申込〆切日:   2019年1月20日(日曜日)
  ※       なお、ホテル大野屋へ予約をするため、参加者の人数を把握する都合上、申込〆切日を早め         に設定しました。
RooNav担当:    金川 勝夫 金川 和美
  《行 程》
  5月16日(木)
 10:07発→11:57着 運賃:1,940円  東京から熱海 障割=970円
◎東京{10:07JR東海道本線・熱海行・10番線発}⇒○横浜(10:34)⇒○小田原(11:27)⇒▲熱海(11:57・12:18発・バス代640円)=バス⇒◎十国峠(昼食休憩)
十国峠=バス⇒熱海駅=徒歩⇒ホテル大野屋 宿泊 (-.-)Zzz
  5月17日(金)
 熱海〜初島=乗船料金 2600円 障割 Blinder+Normer Pair=1300円
 ホテル大野屋(10:00発)=徒歩5分⇒熱海港(10:30発)〜フェリー30分〜初島(島内散策)
初島〜フェリー〜熱海港=徒歩⇒熱海市外(昼食休憩)⇒熱海駅=電車⇒東京方面へ ハイオツカレサン・・!!





    Circle≪ゆ〜ぽぴあ≫・遊歩案内
   第270回遊歩
 ≪早春の一日・土の感触を確かめながら土手沿いを散策しふれあいConcert2019     の音楽鑑賞遊歩・・・!!!≫

  遊歩日:     2019年3月9日(土)
  遊歩先:    外濠公園・飯田橋から四谷・赤坂見付・新宿文化センター大ホール
 集合場所:   中央線飯田橋駅西口改札口外
 集合時間:   9時30分
 食い道楽:   「蕎処・長浦」 赤坂東京ホテル地下1階
  遊び賃:   昼食のお蕎麦代金(1,500円程度) 交通費も自己負担です。
  装 備:   Walking Style
  持ち物:   雨具・健康保険書・身体障害者手帳・その他
 歩行時間:   約、2時間程度
 遊歩状況:   雨天決行
  申込先:   金川 勝夫 宅電 0422-42-4181
               携電 080-1187-5823
               Email: katsuo@taikidou.com 
申込〆切日:   2019年2月2日(土)
  ※      日本チャリティ協会へ申込みをするため、参加者は早めに申込みをお願いいたします。
  ※       なお、新宿文化センター大ホールでのふれあいConcert鑑賞だけの参加の方は、申込時にそ         の旨、お申し出ください。Ticketを郵送いたします。
RooNav担当:    金川 勝夫 金川 和美
  《行 程》
◎JR飯田橋駅西口=徒歩2分⇒外濠公園入口=20分⇒市ヶ谷駅前=15分⇒JR四ツ谷駅前=12分⇒喰違見附跡=10分⇒迎賓館正門=10分⇒喰違見附跡=10分⇒清水谷公園=5分⇒弁慶橋=5分⇒赤坂東京ホテル地下1階「蕎麦処・長浦・昼食Thyme」⇒地下鉄赤坂見付駅()⇒地下鉄東新宿駅(A3出口)=5分⇒新宿文化センター大ホール(14:00〜15:30ふれあいConcert鑑賞) 解散
◎ 交通Access170円 乗換1回 赤坂見付から東新宿
赤坂見付(13:06・東京メトロ丸ノ内線・新宿行・2番線発)⇒新宿三丁目(13:14着13:23発・東京メトロ副都心線・和光市行・4番線発)⇒東新宿(13:25)

≪遊歩先の紹介≫
「第35回ふれあいConcert2019」

 〜第1部〜  ≪明日への贈り物≫
        ダ・カーポ
       野に咲く花のように
       結婚するって本当ですか
 〜第2部〜 ≪都響シンフォニック・ステージ≫
       指揮者 藤岡幸夫  管弦楽 東京交響楽団
       J,ウィリアムズ: 「スター・ウォーズ」メインタイトル
       リスト:ハンガリー狂詩曲第2番他





    Circle≪ゆ〜ぽぴあ≫・遊歩案内
   第269回遊歩
 ≪如月の一日・花王石鹸の今昔と梅薫亀戸天神を訪ね薩摩料理を食べよう・・・!!!≫


  遊歩日:     2019年2月14日(木)
  遊歩先:    花王石鹸ミュージアム・亀戸天神
 食い道楽:   薩摩料理 「おごじょ家」  050-5815-5780
  遊び賃:   3,500円(昼食・薩摩料理)
 集合場所:   亀戸駅北口
 集合時間:    10時00分
  装 備:   Walking Style
  持ち物:   雨具・健康保険書・身体障害者手帳・その他
 歩行時間:   約、2時間程度
 遊歩状況:   雨天決行
  申込先:   金川 勝夫 宅電 0422-42-4181
               携電 080-1187-5823
               Email: katsuo@taikidou.com 
申込〆切日:   2019年2月10日(日曜日)
RooNav担当:    金川 勝夫 金川 和美
  《行 程》
 ◎亀戸駅北口=徒歩15分⇒花王石鹸ミュージアム(見学10時30分〜12時00分)=徒歩15分⇒亀戸天神(参拝&境内散策12時20分〜13時30分分)=徒歩15分⇒「おごじょ家」(昼食Thyme・会食・14時00分〜15時30分)⇒亀戸駅 

≪遊歩先の紹介≫
花王石鹸ミューシアム

 所在地 〒131-0044 東京都墨田区文花2丁目1−3  TEL 03-5630-9004
いま、地球でなにが起きているのか、私たちになにができるのか??。「温暖化する地球」「いのちとくらしを支える水」「生物多様性のもとに」の3つのテーマで、地球環境のいまをご紹介します。
“エコ家事ラボ”ゾーン 
毎日の家事をエコ視点で科学する実験室です。 家事のメカニズムを楽しみながら学べる、さまざまな科学実験のプログラムを計画しています。
“いっしょにeco”ラウンジ 
ライブラリー&多目的スペース。さまざまなイベントなどの会場としても活用します。
温室(植物・バイオマス研究棟内) 
花王製品の原料に使われているアブラヤシやココヤシなど、約60種の植物を育てています。その生態をより深く知ることで、次世代に向けた植物由来原料の研究を行っていきます。
「楽しみ方」  
見学で学び、体験してみよう! 
花王エコラボミュージアムでは、展示や映像、体験プログラムなどを通じて、子どもから大人まで楽しく学ぶこと
ができます。アタマ・カラダ・ココロをフルに使って、“いっしょにeco”を体験しましょう。 

裏頁参照


 【体験1】
 「ハンズオン」を通じてリアルに体験!
花王エコラボミュージアムでは、楽しくリアルにエコの大切さを学び、体験していただくために、手やカラダを動かして“体感”する、ハンズオンと呼ばれる展示をご用意しています。
ある時は、エコの工夫を実物大の製品で確認したり、重さや量を体感したり・・・。また、触れるメディアをとおして、指先をサッと動かして木からヤシの実を落としたりと、いろいろ試して、たくさんの“なるほど”を見つけてください。 
 【体験2】
 エコ家事ラボで、エコを考える!
「エコ視点からの家事」をテーマに、毎日のくらしを科学的にひも解きながら、実験をとおして、身近なエコを体験できます。 
  【体験3】
 南国の気候を再現した温室に、未来につながるヒントが!
花王エコラボミュージアムの見学コースには、となりに位置する温室の見学も含まれています。
この温室では、花王製品の原料に使われているアブラヤシやココヤシなどの植物を育て、その生態をより深く知ることで、次世代に向けた植物由来原料の研究を行っていきます。室内環境は、ヤシなどが育つフィリピンやマレーシアなどの高温多湿地域の気候を再現。約60種の植物を見ることができます。 
【帰ったら家で試してみよう! 】
 花王エコラボミュージアムで体験したり学んだりしたことを、家に帰って実践してみましょう。「なるほど、電気や水のムダがあるな」など、新たな発見がきっといっぱいあると思います。「家事がラクになった!」「電気代や水道代が減った!」と成果が出はじめると、エコがますます楽しくなります。

亀戸天神

 亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)である。菅原道真を祀り、学問の神として親しまれている。特に1・2月の受験シーズンの土曜・日曜には、道真の加護を求めて絵馬を奉納する受験生で境内が溢れる。通称は亀戸天神、亀戸天満宮または東宰府天満宮。 
  歴史
 正保年間(1644年 - 1647年)、菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐は、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもち、諸国を巡った。そして1661年(寛文元年)、江戸の本所亀戸村にたどり着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まりとされる。 
当時、明暦の大火による被害からの復興を目指す江戸幕府は復興開発事業の地として本所の町をさだめ、四代将軍徳川家綱はその鎮守神として祀るよう現在の社地を寄進した。そして1662年(寛文2年)、地形を初め社殿・楼門・回廊・心字池・太鼓橋などが太宰天満宮に倣い造営された。本殿の扁額は、御本社である筑紫国太宰府天満宮宮司であった西高辻信貞による揮毫。 
古くは総本社に当たる太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」「本所宰府天満宮」と称されていたが、1873年(明治6年)に府社となり亀戸神社、1936年(昭和11年)に現在の亀戸天神社となった。 
「亀戸神社の藤と葛餅」
亀戸天満宮は、寛文2年(1662)、大宰府の神官大鳥居信祐が、菅原道真の像を小祠に祀り、翌年、大宰府に模した社殿を造営したのがその起こり。明治6年(1873)、亀戸神社と、昭和11年(1936)、亀戸天神社と改めた。学問の神様として信仰を集め、藤と梅の名所で知られ、『名所江戸百景』(安藤広重画 1856 - 58年版 大判錦絵118枚揃)にも描かれた古刹である。亀戸の名物、葛餅は屋台売りの他に、文化2年(1805)に天神社参道にて創業した船橋屋が人気を集め、その葛餅は亀戸餅とも呼ばれた。葛餅と藤の絵あり。「名代 久壽餅」と記された紙片の一部が書き写されている。『世渡風俗圖會』では、屋台売りの「亀戸名物葛餅」が描かれている。 
 ??清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「亀戸神社の藤と葛餅」より抜粋
太鼓橋 男橋 女橋
 男橋は、大鳥居を過ぎると最初にある橋。太宰府天満宮を模して造られた。池と橋を人の一生に見立てた「三世一念の理」に基づき、この橋は過去を表す。
女橋は、本殿の手前にある橋。この橋は希望の未来を表す。
本社の太鼓橋は歌川広重によって描かれ、『名所江戸百景』シリーズの「亀戸天神境内」として発行された。


  【主な祭事】
  うそ替え神事
 例年1月24日 - 25日。縁起物である木彫りの鷽(ウソ)が授与される。「去年の悪(あ)しきはうそ(鷽)となり、まことの吉にとり(鳥)替えん」との言い伝えによる。 
木彫りの鷽は、高さ5 - 22cmくらい、白木の円柱に上部3分の1位が荒削りされ、頭部と腹部となり、背後は削り掛けの手法で尾羽が切り込まれる。彩色は頭が黒、胸は朱、背の羽は緑と黒である。 
 梅まつり
 例年2月第2日曜日から3月第2日曜日まで。 
  藤まつり
 4月25日から5月5日まで。境内の藤が一斉に開花し、神社中が一面藤色に染まる。太鼓橋の上から見渡すことで、一面の藤棚を上から見下ろすことができることも特徴。江戸時代から亀戸の藤と呼ばれた藤の名所であり、亀戸以外からも観光客が訪れる。同時に学業講祭も行われ、学業祈願の祈願者も多く訪れる。 
  菊まつり
 例年10月下旬から11月下旬まで。 
 





テーブルです。TDと/TDの間に文字を書いてください) >


2019年月別遊歩計画一覧表



NO

遊歩実施日

遊歩先及び特徴

地 域

温 泉

担当者

01
 1月20日(日)
都心の緑のオアシス 皇居東御苑・千鳥ヶ淵水上公園遊歩
千代田区

金川和美
02
 2月14日(木)
花王石鹸ミュージアム見学と亀戸天神参拝し食道楽宴会だ
亀戸近辺

金川勝夫 和美
03
 3月10日(日)
ふれあいConcert2019&ぶらり東京Walk」食道楽宴会遊歩
新宿区

金川勝夫 和美
04
 3月17日(日)
早春の一日・多摩丘陵鎌倉古道七国峠(203m)を歩こう!!
町田市近辺

青谷澄夫
05
 4月 7日(日)
お花見遊歩・青雲寺から昌福寺を巡り花野秩父路を歩く 
秩父路

金川和美
06
 5月16日(木)  〜17日(金)
「Circle《ゆ〜ぽぴあ》・結成15周年記念遊歩」・・!!
熱海大野屋宿泊・十国峠・初島観光・熱海市内散策
静岡県
熱海市
熱海温泉
金川勝夫
    和美
07
 6月 9日(日)
皇居一周5キロを歩き新元号の今世を繁栄を願おう・・!!
千代田区

小林基茂
08
 7月 7日(日)
岩畳、奇岩の連続・荒川ライン下り・秩父蕎麦会食&温泉
秩父長瀞
満願の湯
鈴木幹雄 武雄
09
 9月29日(日)
陣馬山を歩きワカサギのフライで生ビールを飲もう・・!!
高尾山系

唐木 藤岡
10
10月20日(日)
甲州高尾山(1,106m)・高原のような天空の尾根歩きと温泉
山梨甲州市
天空の湯
菊地一行
11
11月10日(日)
金時山(1,212m)・好展望の箱根外輪山の北側に位置する山
箱根足柄氏
湯遊の里
坂井幹雄
12
12月 1日(日)
忘年遊歩2019・みなとみらい21から山下公園&中華料理
横浜市

金川和美 勝夫